NIGHMAREロゴ NIGHMAREロゴ

Kモデル

今でも絶大な人気を誇るスポーツスターの原型・始祖であるKモデル

1952年式Kモデル車体の画像

歴史・背景

1950年代に入り、トライアンフ、ノートン、BSAといったイギリスのオートバイメーカーが続々とアメリカに進出し、瞬く間に人気を博しました。また、レースの世界でも高性能のイギリス車が台頭しはじめてました。

これらに対抗するため、ハーレー社は、イギリス車に採用されていたフレームを参考に、2本のダウンチューブを採用し、ハーレー社初となるスイングアーム、油圧式サスペンションを備えたダブルクレードルフレームを開発しました。俗に言うKフレームです。
また、腰上は旧時代的なサイドバルブではありましたが、従来のミッション別体型から、クランクケースとミッションを一体化させ駆動系効率と強度を上げた仕組みを開発しました。
さらに、フロントにはテレスコピックフォークを採用し、操作系を従来のフットクラッチ&ハンドチェンジから、左手によるクラッチ操作と右足ギアシフト、左足リアブレーキの方式となりました。

こうして、当時の最新技術をすべて投入したハーレー社の意欲作であるモデル「K」が、1952年に満を持して販売されました。

なお、ビックツインでは、スイングアーム、油圧式サスペンションを搭載したパンヘッド デュオグライドの誕生が1958年でした。

同じく市販車のKがデビューした1952年に、レーサーのWRの後継機種で、新たにミッション一体型のケースを採用したレーサー「KR」が登場しました。
KRは、メカニズムとしては旧式のサイドバルブエンジンにも関わらず、戦後ずっと勝てずにいたレースで何度も優勝するなど、圧倒的な速さを誇りました。

しかし、徐々に時代の波に呑まれパワー不足を感じるようになっていきます。そこで、Kの優れた車体はそのままに、新開発のOHVエンジンを搭載した「XLスポーツスター」の誕生(1957年)に繋がっていったのです。

ダブルクレードルフレーム(Kフレーム)とハーレー社初のスイングアーム

ダブルクレードルフレームの画像 ハーレー社初のスイングアームの画像

販売期間

1952年から1956年の5年間販売されました。

種類とモデル

K
製造期間
1952年~1953年
ボア×ストローク
2-3/4インチ × 3-13/16インチ
排気量
750cc(45キュービックインチ)
圧縮比
6.5
出力
30ps(最高速度130km/h)
KK
製造期間
1953年
ボア×ストローク
2-3/4インチ × 3-13/16インチ
排気量
750cc(45キュービックインチ)
圧縮比
不明
出力
不明

ファクトリーモデル。大型のレーシングカム、キャブレター、ヘッド、シリンダーポートを搭載

KH
製造期間
1954年〜1956年
ボア×ストローク
2-3/4インチ × 4-9/16インチ
排気量
883cc(54キュービックインチ)
圧縮比
不明
出力
38ps / 5,200rpm(最高速度160km/h)
KHK
製造期間
1954年~1956年
排気量
888cc(74キュービックインチ)
圧縮比
7.0
出力
48ps / 5,500rpm(最高速度160km/h)
1952年 Kモデル販売
  • キャブレターは、リンカート社製「ボムサイト」モデルM-53
  • ホイールベースは、56インチ
  • タイヤとホイールは、グッドイヤー / ファイアストーンで、サイズは前後とも19インチ×3.25インチ
  • ガソリンタンクは、4-1.2ガロン
  • オイルタンクは、3クオート
  • 販売カラーは、トロピカル・グリーン、リオ・ブルー、ペルシャン・レッド、ブリリアント・ブラック。メタリックブロンコブロンズ、ホワイト、メタリックマリンブルー(※オプション)
生産台数:1,970台
1953年 ファクトリーモデルKKの販売

Kの変更点

  • ハイスピードスロットルに変更
  • ロイヤライトプラスチック製のサドルバッグ導入
  • バディシートのスタイル変更
  • リヤのタイヤサイズが3.50インチに拡大
  • クロームメッキからカドミウムメッキ塗装のパーツが増えた
生産台数:1,723台(KK含む)
1954年 KH, KHKの販売

KHの変更点

  • 新フライホイール採用。テーパーシャフトとリテーナーナット付きのクランクピンを使用
  • ロッドベアリングリテーナーを新たに追加
  • シリンダーはストロークアップに伴い背が高くなり、ポートの設計変更と吸気バルブの大型化が行われた
  • キャブレターはリンカートM-53A1を採用
  • 大型のカムを採用
  • クラッチディスクが5枚から7枚に拡大。それに伴いプライマリーカバーも広くなった
  • 2番目と3番目のカウンターシャフトギアを強化
  • フロントフォークのクロームカバーからラバーブーツカバーに変更
  • 販売カラーは、ペッパーレッド、グレイシャーブルー、フォレストグリーン、アニバーサリーイエロー、デイトナアイボリー。タンクとフェンダーの色を変えることが可能

KHKの変更点

  • KHよりさらに大型のレーシングタイプのKKカムを搭載
  • ポート加工とヘッド加工が施された。ヘッド加工をすることで流量を上げ、ハイリフトカムのために必要なバルブのスペースを確保
  • バルブスプリングはKRレーサータイプに変更
生産台数:1,579台(KHK含む)
1955年

KHの変更点

  • ミッションケースに「トラップドア」設計を組み込み、より強力なケースとなった
  • トランスミッションギヤの強度を改善
  • タイヤを18インチ×3.50インチに変更。オプションで大径タイヤを選択可
  • フレームをクロームモリブデンに変更。ネックアングルを若干変更し、フロントダウンチューブを強化
  • フォークチューブを1インチ短くし、トレールを1インチ増加させた。これによりハンドリングが向上
  • リアホイールのハブを大型化
  • スポークをビックツインサイズに変更
  • スピードメーターヘッドサイズを大型化
  • ステアリングダンパーにテンションスプリングを追加し調整を保持するように変更
  • スパークとツールボックスカバースタッドをサイズアップ
  • バディシートのデザインを変更
  • ガソリンタンクのエンブレムをHD V-swooshエンブレムに変更
  • 販売カラーは、ブリリアント・ブラック、アズテック・ブラウン、アトミック・ブルー、グラマラス・ハリウッド・グリーン、ペッパー・レッド、アニバーサリー・イエロー。ポリス仕様にシルバーまたはホワイト
生産台数:1,065台(内 KH 616台、KHK 449台)
1956年

KHの変更点

  • 低重心の新設計シャシーを採用。1インチ高くなったステアリングネック、9/16インチ短いリアショックアブソーバー、より低いシート位置、より強いアッパーショック取り付け部分、ショックマウントの鋳造など、より頑丈なシャーシに変更。これは1966年まで採用されました
  • オイルポンプを改善
  • トランスミッションギヤを強化
  • 大きなオイル容量と美しいクロームカバーを持つ新しい大型ショックに変更
  • スイングアームを強化
  • 販売カラーは、ペッパーレッドにホワイトスラッシュ、アトミックブルーに新色チャンピオンイエローのスラッシュ、チャンピオンイエローにブラックスラッシュ、ブラックにチャンピオンイエローのスラッシュ、フランボヤント・メタリック・グリーンにホワイト・スラッシュの組み合わせ
  • KHKモデルのみ、オイルタンクとツールボックスの側面に、チェッカーフラッグを交差させたシールドに`KHK`の文字を配したカラーの特別なデカールを採用
生産台数:1,253台(内 KH 539台、KHK 714台)

Kの部品は出るの?

1952年のクランクベアリング関連が出ないようです。

ギャラリー

1952 K

1952年式モデルKの画像

https://www.nzmuseums.co.nz/collections/6651/objects/676623/1952-harley-davidson-model-k

1953 K

1953年式モデルKの画像

http://www.open-sport.org/Smorg/1953-K-model_Barnetts-black/

1954 KH

1954年式KHの画像

https://www.yesterdays.nl/product/harley-davidson-1954-kh-883cc-2-cyl-sv-3112/

1955 KH

1955年式KHの画像

https://www.mecum.com/lots/LV0116-227861/1955-harley-davidson-kh/

1956 KH

1956年式KHの画像

https://www.mecum.com/lots/PA0714-194874/1956-harley-davidson-kh/

最終更新日時:

Author:エージェントY

ナイトメアモーターサイクルでは、ヴィンテージハーレー、ヴィンテージトライアンフの各種修理、オーバーホールを承っております。詳細はこちらを御覧ください。